仙川のインプラント | 調布ペリオインプラントセンター
HOME>歯周病治療

危険性

歯周病を放っておくと

歯周病を放っておくと、以下のような危険性があります。

  • 脳卒中
  • 肺炎
  • 糖尿病
  • 低体重児出産
  • 気管支炎
  • 心臓病
  • 早産

私たちの口の中には、健康な人の場合でも、
約300種類2億個
とも言われる微生物が住み着いていて、周りの環境に応じて悪玉になったり善玉になったりしています。


歯ミガキをサボって油断していると、悪玉微生物が増加し、虫歯や歯周病を引き起こします。
それらの悪玉微生物が、のどや血管から体の中に入り込み全身の臓器へ運ばれていきます。
さらに、歯ぐきの炎症のある場所で作られたケミカルメディエーターも全身に散らばります。
そしてこれらが、全身の病気を誘発し、最悪の場合は死に至ることもあるとても恐ろしい病気です。

全身に影響を及ぼす病気「歯周病」

歯周病を予防するには、原因を知ることが大切です。
日々の生活習慣の改善やプラークコントロールが効果的な歯周病の予防法です。


歯周病の原因、プラーク(歯垢)はプラークコントロール(プラークを取り除くこと)、つまり、毎日の歯みがきによって予防できます。


歯周病には生活習慣にひそむ色々なリスクファクターが関係しています。
生活習慣を改善して、リスクファクターをとりのぞき体の抵抗力を高めることも歯周病の予防にとって重要なのです。


お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。