仙川のインプラント | 調布ペリオインプラントセンター
HOME>歯のQ&A

歯のQ&A

食事をする上で気をつけることはありますか?
インプラントが安定した状態なら、自身の本来の歯と同じ状態で使用できますので、普段どおりに なんでも食べれます。ただし、インプラントの治療中で仮歯の場合は、ガムなどを食べると外れてしまう恐れがあります。
インプラントメーカーによる違いはありますか?
インプラントメーカーによって、材質、構造や、術式、メーカーの規模等も異なります。 製造会社(メーカー)による違いが気になる方は直接ご質問下さい。
妊娠中にインプラント治療の手術はできますか?
一般的には妊娠期間中は制限されますが、安定期であれば出来る治療もあります。しかし、診査の段階での放射線や精神的ストレスを考えると出産後の手術が望ましいです。
糖尿病でもインプラント治療はできますか?
医師の管理のもと、十分にコントロールされている軽度の糖尿病患者様であれば治療を受ける事が出来ますが、状態によって出来ないことも考えられますので、ご相談ください。
インプラントの手術の時には入院が必要ですか?
埋入する本数にもよりますが、特別な場合を除けば入院の必要はありません。通常インプラント手術は日帰り手術で行うのが普通です。
インプラント治療後に痛みや腫れはありますか?
全身の状態によって個人差はありますが、痛みを感じる場合がございます。しかし、手術後の痛みや腫れは、傷を修復しようとする体の反応で起こるものですので、ご安心ください。 鎮痛薬と抗生剤を服用することで2~3日程度でおさまります。
インプラント治療に年齢制限はありますか?
年齢の上限はありません。また、骨の成長がほぼ完了すると言われている16歳以上であれば、 条件さえ整えば、どなたでもインプラント治療を受けられます。
インプラント治療をして身体に影響はないのですか?
インプラントに使われる金属(チタン)は世界中でも最もアレルギーの起こりにくい金属と言われています。 骨と結合する性質があり、重度の骨折を支えるためにも使われる金属ですので体に全く影響はありません。
インプラント治療期間中に食事は問題なくできますか?
手術した後、通常は4~5日程度は、なるべく固いものは避けることをお勧めしています。 抜糸をしてから歯肉の状態が安定してきたら問題なくお食事いただけます。
インプラントのトラブルとしてどのような事がありますか?
インプラントのネジがゆるんでしまう、歯周病にかかる、かぶせものが破損する等のトラブルが主にあげらます。問題が生じたら、すぐに歯科医に相談すべきですが、日頃のブラッシング等のメンテナンスも重要です。
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。