仙川のインプラント | 調布ペリオインプラントセンター
HOME>ペリオblog

ペリオblog

調布市仙川 歯周病・インプラントの情報発信blog vol.30
 来年は就職率の高い学部系統が人気になりそうだ。世界同時不況の影響で、大学生の就職状況は極端に冷え込んでいる。今年の就活は昨年と比べて激変し、特に女子と地元就職を希望する地方の大学生は、まさに新氷河期と言っていいほどの厳しさのようだ。このような逆風は有名大学とて同じで、未曾有の厳しさだという。

 大学生の就職状況の冷え込みがひとごととは思えないのが受験生だ。大学に入学すると4年後には就活が待っている。そのとき困らないように、就職に有利な学部に進学したい気持ちが強くなるのだ。その結果、大学入試にも大きな影響が出る。

 来年は今年以上に、就職率が高い学部を目指す受験生が増えるとみられる。表を見てほしい。今年の就職率の高かった学部系統を順に並べたものだ。医科大や歯科大、卒業生のいない新設大を除き、国公私立492大学から寄せられたアンケート結果を集計したもの。就職率は就職決定者を、卒業生数から大学院進学者を引いた値で除した。

 これによるとトップは看護で92.7%の高率だ。看護師不足のため就職は好調だ。来年も多くの大学に看護学部が新設されるが、それもうなずけるところだ。2位は薬学部の89.6%。薬は2006年入学者から薬剤師国家試験受験資格が6年になったため、来年、再来年は新卒の薬剤師がいない空白の期間となる。このため、「09年は企業の採用が例年以上に活発だった」(薬科大関係者)ことも影響したとみられる。来年は薬科大では卒業生が激減することになる。

 また、3位は医療・保健系で、理学療法士などを目指す学部が多い。こうしてみてくると、上位を医療系の学部系統が独占している。

 さらに4位には理工系が入った。上位は理系学部ばかりだ。これに対して文系はというと、福祉系が85.5%と高いが、平均の80.7%を下回っているのは文系学部がほとんどだ。学生の多い文・人文、法などの学部が苦戦している。

 こういった就職率と今年の入試での学部別志望状況をみると、かなり連動していることがわかった。農・生命科学系、看護、福祉系が5%以上の志願者増で、逆に法は5%の志願者減だ。

 一方、就職率が高くて志願者が減少した系統はというと、薬と医療・保健系だ。特に薬は4年連続の志願者減で、狙い目の系統となっている。

 景気が回復しない限り、来年の入試では表にある就職率上位の学部が人気になりそうだ。(大学通信 安田賢治)


MSNニュースより引用

調布市仙川の歯周病・インプラント治療はオバタ歯科クリニックへ。


投稿者 オバタ歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
調布市仙川 歯周病・インプラントの情報発信blog vol.29
東北大と精密機器製造のリコー光学(岩手県花巻市)などが連携し、新しい殺菌技術を応用して歯周病などの口腔(こうくう)感染症を治療する機器の研究開発プロジェクトが始動する。活性酸素と可視光レーザーを照射し、殺菌力がより強い「フリーラジカル」と呼ばれる物質を生成、病原性細菌を死滅させる。実用化されると、従来の器具では届かない部位の治療も可能になり、患者の負担軽減も期待される。

 プロジェクトは、新事業創出を目指す産学官連携の取り組みを委託契約で支援する経済産業省の「地域イノベーション創出研究開発事業」に採択された。2010年度末までの事業期間中に試作機器を開発し、動物実験で治療効果や安全性を検証、次の臨床研究に向けた土台を整える。

 共同研究体は東北大、リコー光学のほか、光、レーザー応用部品機器の設計・製造などを手掛けるパックス(仙台市)と、全体を管理するインテリジェント・コスモス研究機構(ICR、同)で構成する。

 東北大大学院歯学研究科の研究グループなどによると、歯周病の治療は病原菌を含む歯根表面の歯垢(しこう)を超音波式などの器具ではぎ取るのが一般的だが、深い部位には器具が届かず十分な治療効果が得られない場合があった。人工歯根(インプラント)の周囲炎では歯根の表面形状が複雑なため、歯垢を除去しにくいケースも多い。

 開発するのは、活性酸素の一つの過酸化水素を噴霧するとともにレーザー光を照射し、フリーラジカルを局所的に発生させる機器。不対電子と呼ばれる不安定な電子を持つフリーラジカルは、ほかの物質から電子を奪って酸化する力が強い。過酸化水素とレーザーが届けば治療できるため、従来手法より治療可能部位などが広がる。

 歯学研究科の菅野太郎助教らの研究グループと東北大未来科学技術共同研究センターが07年から共同研究に入っていた。将来の商品化をにらみ、レーザー関連装置も製造するリコー光学などを巻き込んだ体制で開発を加速させる。
 ICRは「東北のものづくりの力を生かした医歯工連携で、全く新しい考え方の歯科治療器を東北から生み出していく取り組み。ぜひ成功させたい」と話している。


MSNニュースより引用

調布市仙川の歯周病・インプラント治療はオバタ歯科クリニックへ。


投稿者 オバタ歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
調布市仙川 歯周病・インプラントの情報発信blog vol.28
佐賀県歯科医師会(寺尾隆治会長)は、出産や育児のため、職場を離れた歯科衛生士を対象にした研修会を開く。県内で慢性的に歯科衛生士が不足しているため、離職した経験者を掘り起こし、復帰を支援する。

 本年度からの初企画で、8月4日から3日間の日程で開く。基礎知識の復習に加え、最新の治療についても学び、実習も行う。

 県内には佐賀市と鳥栖市の2カ所に養成校があり、毎年約80人が免許を新たに取得する。佐賀歯科衛生専門学校(佐賀市西田代)によると、毎年同校への求人は卒業生の約2倍。「半数の要望に応えられない状態が続いている」という。

 歯科衛生士免許の取得者は女性が多く、出産や育児で離職するケースも目立つ。子育てが一段落し、再就職を希望する人もいるが「最新治療についていけるのかという不安などがハードルになっている場合もある」と同校の上瀧ゆかり教務主任。潜在的には800人ほどの有資格者がいるとみる。

MSNニュースより引用

調布市仙川の歯周病・インプラント治療はオバタ歯科クリニックへ。


投稿者 オバタ歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
調布市仙川 歯周病・インプラントの情報発信blog vol.27
米フロリダ州の歯科医が、お年寄りの男性患者ののどに2回も器具を落としたとして、男性の親族に訴えられた。

 訴えによると、歯科医は2006年にインプラント用器具、翌07年にも小さなレンチをそれぞれ男性ののどに落とした。除去措置が施されたが、男性は完全には回復せず、07年中に90歳で亡くなった。

 歯科医側は「休暇中」として、コメントを出していないという。(AP)

MSNニュースより引用

調布市仙川の歯周病・インプラント治療はオバタ歯科クリニックへ。



投稿者 オバタ歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
調布市仙川 歯周病・インプラントの情報発信blog vol.26
子どもたちの虫歯をなくそうと、豊川市などの歯科衛生士がボランティアグループ「チーム歯科衛生士ピカリちゃん」(鈴木直子代表)をつくった。16日に初仕事として豊川市御津町の御津西部保育園で園児約50人に正しい歯磨きの方法などを指導した。

 豊川市保健センターによると、市内の4歳児の虫歯の割合は47・3%で県平均より8・4ポイント高い。市保健センターが保育園や幼稚園を巡回して虫歯予防の指導をしている。しかし、行政だけでは限りがあるとして、歯科衛生士に協力を呼びかけた。今年4月にグループが結成された。

 初仕事では鈴木代表や応援の歯科衛生士計6人が同保育園を訪れた。鈴木代表らは寸劇や紙芝居を披露したり、歯の模型を使ったりして、正しい歯磨きの方法や虫歯になりにくいおやつの選び方などを説明した。この後、園児たちは教えられた方法で歯磨きをした。


MSNニュースより引用

調布市仙川の歯周病・インプラント治療はオバタ歯科クリニックへ。


投稿者 オバタ歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。